寝起き 口臭

寝起きの時の口臭なぜするのか

1位
【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム

公式ウェブサイトはこちら!


2位
良高博宣の口臭解消マニュアル

公式ウェブサイトはこちら!

寝起きに口臭が最も強く感じられるのは、誰でも同じです。

では、寝起きはなぜ口が臭いのでしょうか?

これは、口臭の原因としては一番多い、生理的口臭によるものなのです。

そして、この生理的口臭の原因となるのが、
細菌の繁殖によるVSCという揮発性硫黄化合物です。

このVSCが、睡眠中に口の中で多く発生するために、
寝起きは口臭が気になるのです。

睡眠中は、自然と唾液の分泌が抑えられます。

このため、口の中の唾液の量が減り、濃度が高まってネバネバになってしまいます。

また、鼻詭まりやいびきなどで口呼吸になってしまっていると、
口内が乾燥してよけいにネバネバ唾液だと思います。

このような原因で唾液がネバネバした状態の中では、
VSCのガスが盛んに作られてしまいます。

日中は唾液の量が十分なので、細菌も洗い流され、
ガスの発生も抑制されるのですが、
睡眠中はどうしてもそれができません。

さらに、新陳代謝により剥がれ落ちる口内の粘膜も、
口臭の原因菌のエサとなるんですし、
虫歯や歯周病があると、寝ている間に細菌がどんどん繁殖します。

これも起き抜けの口臭の大きな原因となります。

対策としては、口呼吸を治すこと、
寝る前の丁寧なオーラルケア(様々なコンセプトの商品が販売されています)、
虫歯の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)、
歯垢や歯石の除去などが考えられます。

睡眠前に使用するマウスウォッシュなどを利用して、
細菌を減らしておくことも効果があります。

寝起きの口臭は、ある程度仕方のないこととあきらめて、
あまり気にしないことも大切です。

>>>口臭改善はなた豆茶ブレンド

 

サイトマップ